Archive for 7月, 2015

7月 6 2015

看護師として携わる医療とは相手に尽くすこと

看護師として働いていると携わるのが医療。
この医療において大切なのが、人に献身的に尽くすということ。自分より他人のことをいかに尊重できるか。相手の喜びをどれくらい自分のことのように喜ぶことができるか。
このことが大切です。
もちろん医療行為ですから、専門の知恵や技術でサポートすることが求められるわけですが、ここで行うのは主に献身的な看護。
自分より相手を優先するのはそんなに言うほど簡単ではありません。誰しも自分が一番かわいいもの。
相手に献身的に尽くすのは、どれが家族など近しい人ならまだしも、見ず知らずの他人となるとさらに難しくなります。これができる人だけが看護師になり得て、反対にこれができそうにない人が看護師としてしごとを進めていくことははっきり言って難しいです。


自分のことは置いておくのが看護師として大切なこと

看護師はその仕事が他人に献身的な看護をすることがけにとどまらず、休みの時間を捻出することも難しく、自分のことは後回しにしなくてはならないことが多い仕事です。
そんな自分の都合は後回しにして、より誰かのための行動を起こせるのか。これこそ看護師の適応を測る一つのポイントです。自分より相手。こんな考えでないと看護師として働いていくことは難しいでしょう。
自分本位な考えばかりの人は必ず仕事を進めていく上で苦しんでしまうことになってしまうはず。ですがその中でより自分の時間を取りやすい環境で働きたいと考えるのなら、口コミの評価を参考に、転職サイトを使って転職活動を進めていってください。


パラダイムを捨てて

今自分が持っている認識。これに縛られていては仕事もその転職を進める上でも苦しくなってしまうはず。古いパラダイムも、こだわりもしがらみもすべてを一度全部捨て去って、その後もう一度自分の未来について思いを巡らしてみましょう。
信頼できる誰かと話すこと。その信頼できる相手に自分の考えをしっかり吐露すること。これが大切です。生きていく上で持っておくべきもの。必要なもの、必要な考えはそれほど多くないもの。しっかりと自分のための行動を選んで、しっかり考えに考えを尽くしてください。